必勝マウスピース矯正ナビゲーション

マウスピース矯正なら家にいるときだけ矯正することができます

周りの人が気づかない、マウスピース矯正

矯正治療というと、歯に金属をつけてワイヤーを通すという方法が頭に浮かびますが、これは、審美的に目立ってしまうという難点もあります。従来の矯正治療のように、笑うと矯正装置が丸見えという状況を回避してくれるのが、マウスピース矯正になります。名前の通りで、ワイヤーを使用したりせず、透明なマウスピースを使用して行う矯正治療になります。治療の大まかな流れは、歯型を取って、マウスピースを作り、使用して、また歯型を取り新しくマウスピースを作るという流れを繰り返すような感じになります。マウスピースを使用して、少しずつ歯を動かして行くので、希望の位置に動かして行くには、数回のマウスピース作製が必要になってきます。審美的には、メリットの大きなマウスピース矯正ですが、この治療の適用となる必要があります。例えば、1本だけ少し唇側に出ている前歯を引っ込めたいという場合などは効果的のようですが、歯並びの状態によっては、適用とならない場合も考えられますので、マウスピース矯正を行っている歯科医院で、相談してみるのがいいでしょう。特に、社会人の方で矯正装置はつけたくないけど、1箇所歯並びが出ていて気になっているという方は、相談をしてみると良いしょう。

マウスピース矯正を行う事。

歯並びが悪く自分でも気になってはいるが、矯正をする勇気が中々出ないという人の中には、矯正するとワイヤーが他人に見えるので嫌だという理由を挙げる人がかなりいると考えられます。特に思春期の女の子などには辛い治療方法であるかも知れません。そのような時にはマウスピース矯正を行う事をお勧めします。マウスピース矯正は自分で脱着が可能な透明のマウスピースを使用するので、人目が気になりにくくしかも矯正力は従来のワイヤーを使用した物と余り変わりがないとされている事から、近年非常に人気があります。又矯正にかかる期間も特に長くなるという事もなく、何と言っても外しておける時間があるという点が大きなメリットであると言われています。これにより矯正する人々が増え、良い噛み合わせが維持出来る事で、疾患に罹りにくくなる身体作りに一役かっています。

マウスピース矯正は、最大で2年間治療です。

マウスピース矯正は、最低でも20時間ほどそのままの状態で装着することが必要になります。違和感もないので、他の方が見ていも分からない状態になっています。見た目も透明なので、自分でも驚いてしまうことがあるかもしれないです。自分で取り外しても良いので、見せたいと感じなくない時は隠しておくことが出来るかもしれないです。それでも最高で2年間は、治療を進めて行かないといけない場合があります。とにかく他の治療を優先にすることが何よりも重要なことだと感じています。交換をしなければならない為に二週間に一度は治療することが必要になる場合があります。後戻りを差せない為にも保定といゆ治療をすることが一つのポイントになります。それをしないと再び元の状態になってしまうので注意が必要になりますし、治療費も高額になります。

コメントを残す

Required fields are marked *.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)